保育士転職の基礎知識

保育士転職における面接対策とポイントを徹底解説

保育士転職の面接をしている女性

保育士転職において、最も重要な選考が「面接」です。

履歴書や職務経歴書だけでは分からない「あなた自身」について見られることに加え、あなたの熱意を伝えられる場でもあります。

ただ、新卒のときと違って転職の面接は難しく、思わぬミスをしてしまうことも少なくありません。

そこで、事前にしっかりしておきたい面接対策と面接におけるポイントについて詳しくご紹介します。

保育士転職の面接ではここが見られる!5つのポイント

保育士転職の面接をしている女性

面接で担当者はあなたのどこを見ているのかチェックしておきましょう。

その理由と共に、受け答えで不採用になる可能性もあるので注意したいポイントもあわせてご紹介します。

ポイント1.コミュニケーションスキルがあるかどうか

保育士同士はもちろん、保護者や子供たちとの信頼関係を築く必要がある保育士は、コミュニケーションスキルがあることが重要なポイントです。

新卒の場合と違い、転職の場合は社会人の基本的なマナーはもちろん身だしなみを守っていることが前提となります。

面接の際に笑顔でハキハキと話しているか、また人柄の良さが感じられるかを質問と共に見られているということを常に意識しましょう。

ポイント2.仕事に対する熱意があるかどうか

保育士の仕事は多岐にわたりハードですよね。

そのため、すぐに辞めてしまうことがないかどうか面接で確認する目的があります。

これからどんな保育士になりたいのか、転職した先でどういったことにチャレンジしていきたいのか、保育士という仕事に対するあなたの熱意が問われるのです。

ポイント3.保育園に合う雰囲気や人柄であるかどうか

面接では、実際に志望する保育園にあなたが合っているかどうかも確認されます。

「一緒に働ける人かどうか」「保育園に合う人か」というのは、面接官の視点なのではっきりとした答えがあるわけではありません。

ですが、園の方針や園がどういった理想を掲げているかは事前に調べることは可能です。

希望する園の目指す保育観からズレることのないよう、アピールするようにしましょう。

ポイント4.保育園で即戦力となる経験やスキルを持っているかどうか

転職の場合、保育園にとって有益な人材であるかどうかが面接ではチェックされます。

今までの職歴や経験について、提出されている書類の内容をさらに詳しく聞かれたり、成功した経験だけでなく失敗についても聞かれる可能性もありますよ。

また経験をオーバーに話すのではなく、謙虚に「これから成長していく」という意欲を見せることも必要になってきますので、事前に考えをまとめておくようにしましょう。

ポイント5.退職や転職の理由に問題はないかどうか

転職の場合、「なぜ前職を辞めたのか」「なぜこの園を志望したのか」は必ず聞かれます。

退職の理由は人それぞれですが、「前の職場を批判する」「退職理由を人のせいにする」といったことをしないようにしましょう。

転職が前向きなもので、キャリアアップなど一貫した姿勢が伝われば大きなアピールポイントになりますよ。

保育士転職の面接で聞かれるのはこれ!チェックしておきたい質問6つ

保育士転職の面接をしている女性

保育士転職の面接で、必ず聞かれる質問とその回答例をご紹介します。

事前に面接対策をしておくことで、当日緊張して上手く話せないといった事態を回避できますよ。

1.自己紹介をしてください

基本的には履歴書に書いてあることを伝えれば問題ありませんが、単調な口調や無表情だと評価が下がってしまいます。

今までの経験から学んだことや、特技などについて詳しくアピールするのがポイントです。

2.保育士を目指したきっかけは何ですか

新卒だけでなく転職する保育士にもよく問われる質問です。

保育士に対する意識や熱意を問う質問なので、自分の思いをきちんとまとめてすぐに答えられるようにしておきましょう。

3.この保育園を志望した理由は?

志望する保育園で働ける人かどうかを知るための質問です。

事前に園について調べておき、どういった保育方針なのかどういった子供たちを育てる指導をしているか把握しておくことが必要となります。

給与や待遇といったことを理由にあげると「保育士としての熱意が感じられない」と受け止められる可能性がありますので注意しましょう。

4.今後どんな保育士になりたいと考えていますか

保育に関する価値観を問われる質問です。

一緒に働く保育士の価値観に違いがあると、トラブルも起こりやすくなります。

園の方針を把握した上で自分の思いを伝えましょう。

5.前職を退職した理由について教えてください

転職する場合は必ず聞かれる質問です。

退職の理由によっては「またすぐ辞めてしまうのでは」と考えられてしまいます。

前向きな理由を伝え、愚痴や悪口は言わないようにしましょう。

6.何か質問はありますか

質問されて困るのが逆質問です。

必ず答えなければならないという質問ではありませんが、意欲や熱意を伝えることも可能なので答えをいくつか用意しておくと安心ですよ。

また、HPなど公開されている情報や給与や待遇、福利厚生といった質問はしないのが無難です。

保育士転職の面接前にしておきたい準備

保育士転職の面接をしている女性

保育士転職での面接では、細かな点でもおろそかにしないことが重要です。

事前にしておきたい準備について見ていきましょう。

見た目は重要!チェックしたい身だしなみ

面接の際、注意したいのは身だしなみです。

以下のチェックポイントを参考に、見た目で判断されないよう注意しましょう。

  • スーツはシワや汚れがないか
  • 靴はちゃんと磨いてあるか
  • 髪の毛は黒が基本、長い髪はまとめておく
  • メイクはナチュラルメイクが基本、ノーメイクや派手すぎるメイクは避ける
  • 爪は短く切ってあるか

清潔感が感じられれば基本的に問題はありません。

自分の目だけでなく家族にもチェックしてもらいましょう。

当日慌てないために持っておきたいもの

きちんと準備をしていても、当日何が起きるか分かりません。

あると便利なものをご紹介しますので、余裕があれば持って行くようにしましょう。

  • 面接会場周辺の地図
  • ストッキングの予備
  • 面接する園の求人情報や園情報のコピー
  • ソーイングセット

地元でよく知っている場所でも、実際に行ってみると様子が変わっていることもよくあります。

またストッキングが破れたり、ボタンが取れたということもありますので準備をしておくと安心ですよ。

面接で聞かれても困らないための情報収集

面接では必ず聞かれる質問だけでなく、園で働きたいなら知っておくべきことも聞かれる可能性があります。

特に地元と密着している保育園の場合、ニュースや新聞などで行事が取り上げられたりしますので、日頃から情報収集をしておきましょう。

HPがある園も多いですが、そこで公開されている情報をそのまま受け答えに使うことはやめておくのが無難です。

当日気をつけたいマナー

身だしなみはもちろんですが、当日園を訪問してから面接後帰るまでの行動にも注意が必要となります。

以下に注意したいことをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

  • 訪問時コートは脱ぐこと(冬季)
  • 暑くてもスーツの上着は脱がないこと(夏季)
  • 園で会った人は保育士や園児、保護者の区別なく笑顔であいさつすること
  • 入室時や退室時のマナーに気をつけること(ノックをし一礼する)
  • 時間厳守で行動しやむを得ず遅れる場合は早急に連絡すること
  • 園の名前や担当者の名前を間違えないこと
  • 面接後早めに礼状を送る

保育士として子供に接するのと同じように、笑顔での対応をすることを心がけましょう。

【まとめ】保育士転職で面接は重要!不安があるなら保育士転職サイトのサポートを受けよう

保育士転職の面接をしている女性

面接で聞かれることはほぼ決まっていますので、事前に準備しておけば問題はありません。

ただ、志望する保育園にあわせて自己PRや志望動機をきちんとまとめておかないと、「この人は他の保育園でも同じことを言っている」とすぐに見抜かれてしまいます。

さらに「この保育園でこの人と一緒に仕事ができるかどうか」は面接担当がチェックする最重要ポイントです。

なので、見た目や話し方にも注意を配らないと、面接で受け答えが完璧でも採用されない可能性もあるため「大丈夫かな」と一人で対策をしていると不安になりますよね。

そこでおすすめしたいのが保育士転職サイトを利用することです。

多くの保育士転職をサポートしてきたキャリアアドバイザーが、面接のアドバイスをしてくれます。

面接の不安を減らし、自分の熱意をしっかり伝えるためにも、ぜひ保育士転職サイトを活用いて面接を成功させましょう。

保育士
保育士転職サイト&求人サイト人気おすすめ比較ランキング 結果発表:保育士向け転職サイトランキング1位をチェック! 「保育士の仕事は続けたいけど、今の職場が辛くてしょうがない…転職...