保育士転職の基礎知識

保育士のいじめやパワハラで退職したいと悩む人の対処法

保育士を辞めたい女性

女性が多い職場で、特に悩みとして挙げられるのがいじめの問題ですよね。

中でも保育士同士のトラブルは、退職につながる理由の筆頭となっています。

自分がその対象になるのは辛いですし、子供たちの目も気になり、仕事にも行きたくなくなることもあります。

あこがれて頑張って保育士になったのに、いじめられるだけの日々はあんまりですよね。

また、先輩や上司という立場を利用した嫌がらせは、パワハラであり許される行為ではありません。

ここでは、保育士のいじめにどう対処すべきか、現状から抜け出すための方法を詳しくご紹介します。

辛すぎる!退職に追い込む保育士いじめの実態

保育士を辞めたい女性

女性の多い職場では、いじめが起きやすいと言われます。

その中でも特にいじめがひどいとされる保育士の職場では、どんなことが起きているのか現状を詳しく見ていきましょう。

ひどすぎる!理不尽な新人いじめ

いじめに遭いやすい筆頭が新人の保育士です。

保育園では園ごとにやり方が違いますので、新人は右も左も分かりませんし、疑問があれば先輩に確認しなければ作業ができません。

自分たちも新人の時代があったのですから、分からなくて困っている新人保育士を導いていくのが先輩や上司の務めのはず。

ですが、それが指導という名前のいじめにすり替わることがあるのです。

新人保育士が受けやすいいじめとしては、

  • 聞いても教えてくれない
  • 聞いたのに「聞かれていない」と言われる
  • 挨拶をしてくれない
  • 仲間はずれにされる
  • 園児に何かあったときに責任を押しつけられる

といったことがあります。

誰も助けてくれず、園児や保護者にも「ダメな保育士」のレッテルを貼られ、退職していく新人保育士は少なくありません。

ワンマンな園長からのいじめ

保育園は他の職場と違い、少人数であるため上司である園長の考え方に影響を受ける傾向にあります。

そのため、園長に気に入られないといじめの対象となってしまうこともあるのです。

園長は保育士を雇用する立場であると同時に、保育士を統率する役目も持っています。

そのため、園長の言葉には従うしかありません。

園長に気に入られないと、いじめに遭うだけでなく「いじめて辞めさせよう」といったこともまかり通ってしまうのです。

逆らえない上司や先輩からのいじめ

新人や転職で途中から仲間入りをしてきた保育士にとって、元からその保育園で働いている保育士は、頼りにすべき相手ですよね。

ですが、その先輩や上司からいじめを受けることもあります。

いじめといっても、新人いびりのように分かりやすいものではなく、「あれ?なんか変だな」ということが繰り返されることが多いのが特徴です。

気にしない人には伝わらない、でも気にする人には気がつく、そんな些細ないじめであることがほとんど。

「先輩の言うことだから」「自分が悪いからだ」とほとんどの保育士が考えてしまうため、実はいじめなのにそれを我慢して追い詰められてしまうことにもなってしまうのです。

せっかく入ってくれた男性保育士へのいじめ

女性の多い保育園に、男性の保育士が入ることで、いじめが始まることもあります。

女性同士なら言わなくても伝わることでも、男性保育士だと気がつかなかったり、空気が読めない行動をすることがよくあるためです。

男性保育士に悪気はなくても、女性保育士同士が団結し、無視をしたり雑用を押しつけたりといったいじめが起きてしまいます。

また男性保育士がそもそも少ないことから、職場で更衣室が用意されていない、保護者からクレームを受けても誰もかばってくれない、といった状況も多く、退職につながることも少なくありません。

どうして私?保育士のいじめやパワハラが起きる原因

保育士を辞めたい女性

保育園で保育士同士のいじめが起きると、「私が悪いから?」と思い詰めてしまい自分を責める人が少なくないのが現実です。

ですが、いじめが起きる原因は、いじめられる本人の問題だけではなく多種多様な状況が絡み合っています。

なぜいじめが起きるのか、その原因を詳しくご紹介しましょう。

集団を所有したい人がいる

保育園という場で、自分がトップに立ちたい、また保育士を自分に従わせたい、といった「所有欲が強い」人がいることで、いじめが起きやすくなります。

そういった人たちは、自分が一番正しいと思っているため、いじめをすることに対する罪悪感はありません。

むしろいじめられる人の方に原因があると考え、いじめがエスカレートすることもあります。

原因となるその人がいなくなれば解決しそうですが、そういった人にいじめられた人が、今度はいじめる側に回るためいじめはなくならないことがほとんどです。

職場環境が悪い

仕事が忙しく、ギスギスした空気に満ちている職場環境だと、働いている保育士も常にイライラしていていじめが起こることになります。

保育士の仕事は、園児を見守り指導するだけではありません。

行事の準備や保護者への連絡事項、書類作成など昼休みも十分に取れないばかりか、休日出勤をしたり持ち帰ってやらなければ終わらないほどの量の仕事に常に追われています。

そのため、ストレス発散や息抜きに、反抗できない相手に対していじめをしてしまう、といったことが起きやすいのです。

また、ワンマンな園長がいる場合は、園長に気に入られなければいじめの対象になりやすく、園長の支配下にある限りいじめはなくならないといった悪循環にも陥ってしまう保育園も多くあるのが現実となっています。

ターゲットにされやすい人がいる

いじめのターゲットにされやすい人がいると、いじめが起きる原因になりがちです。

いじめられやすい人は、以下のようなタイプの人が当てはまります。

  • 言われたことに言い返さない
  • 大人しい
  • 何でもすぐ言うことを聞く
  • 挨拶をしない
  • 声が小さいなど何を言っているのか伝わらない
  • 怒鳴られたり理不尽なことを言われても黙ってやり過ごす

こういったタイプに当てはまる人は、相手に悪い意味で「なめられて」しまい、保育士に限らずどんな職場でもいじめられる対象になるので注意が必要です。

理不尽なことを言われた場合には、反論する、黙って従わないという態度を見せることも必要ですよ。

保育士のいじめが辛い!人間関係で行き詰まったときにすべき対処法

保育士を辞めたい女性

保育園では閉じられた空間内で保育士のいじめが起きるため、なかなか問題が表面化せずいつまでもいじめが続くという悪循環に陥ってしまいます。

ただ、いじめをただ受けているだけでは何も解決しません。

そこで、自分がいじめのターゲットになってしまった場合、どうすればいいのか、その対処法についてご紹介します。

いじめについての証拠を取る・記録する

いじめに遭っている、と周りに訴えたとしても、言葉では証拠になりません。

まずはどんないじめを受けているのか、記録しましょう。

記録する方法としては、ICレコーダーを使い録音する、もしくは詳細をメモする、といったことのほか、重労働の証拠となる勤務記録やタイムカードのコピーも有効です。

「録音までしないといけないの?」と思うかもしれませんが、いじめる側は自分のしたことを認めませんので、後々のためにも自分にされたことの証拠はきちんと取ることが必要となります。

信頼できる上司に相談する

特定の人からいじめを受けている場合は、上司に相談する方法も考えましょう。

ただし、いじめられている側にも改善すべき点があるかもしれませんので、公平な目で判断してくれる相手を選ぶことが必要です。

いじめられている現状の証拠と共に、上司と個室で相談します。

ただ、上司から指導されてもいじめがなくならない可能性もありますし、上司から我慢するようさとされる可能性もあることは忘れないようにしましょう。

また、園長など絶対的な立場にいる人からのいじめについては、内部では解決することは難しくなります。

外部機関に相談する

保育園の中で、相談ができない場合には、外部機関に相談することもおすすめです。

労働局にある「総合労働相談コーナー」や、法務局につながる「みんなの人権110番」に直接相談してみましょう。

またネットで「こころの耳」という労働者向けのお悩みサイトを利用するのもおすすめです。

メールで相談できますので、仕事が忙しく電話が難しい場合には便利ですよ。

休職し退職をする

いじめられながら仕事を続ける必要はありません。無理をせず、まずは休職しましょう。

そのまま心身が落ち着くまで休養を取ってもいいですし、いじめのある職場と縁を切るために転職活動をするのもおすすめです。

いじめに遭っていると、自分が悪くなくても「私が我慢すればいい」と思い込んでしまい、さらに追い込まれてしまいます。

いじめがある環境自体が間違っているのですから、まずは離れることが大切です。

【まとめ】保育士いじめは違法行為!退職して人間関係をリセットすることも考えよう

保育士

人間関係のトラブルや仕事のできるできないに関係なく、いじめは「違法行為」であり、あってはいけないことです。

怒鳴られたり無視されたりといった行為は、相手を萎縮させやる気をそぐだけでなく、心身共に追い込むことにもなりかねません。

もし今いじめに遭っている、また職場にいじめが起きているなら、すぐに動くべきです。

そしていじめに遭っているならそれを我慢する必要はありません。

いじめのない働きやすい保育園は数多くあります。

まずは保育士転職サイトに登録し、新しい職場探しから始めましょう。

保育士
保育士転職サイト&求人サイト人気おすすめ比較ランキング 結果発表:保育士向け転職サイトランキング1位をチェック! 「保育士の仕事は続けたいけど、今の職場が辛くてしょうがない…転職...